導入企業一覧
東日本電信電話株式会社

東日本電信電話株式会社

株式会社日立製作所

株式会社日立製作所

富士通株式会社

富士通株式会社

ソニー株式会社

ソニー株式会社

東日本旅客鉄道株式会社

東日本旅客鉄道株式会社

三菱地所株式会社

三菱地所株式会社

東京ガス株式会社

東京ガス株式会社

大同生命保険株式会社

大同生命保険株式会社

 

アコム株式会社

アコム株式会社

 

株式会社モビット

株式会社モビット

ライフカード株式会社

ライフカード株式会社

株式会社スタートトゥデイ

株式会社スタートトゥデイ

株式会社バロックジャパンリミテッド

株式会社バロックジャパンリミテッド

株式会社資生堂

株式会社資生堂

オルビス株式会社

オルビス株式会社

ネッツトヨタ株式会社

ネッツトヨタ株式会社

株式会社 ルイ・ヴィトン ジャパン カンパニー

株式会社ルイ・ヴィトン ジャパン カンパニー

イトキン株式会社

イトキン株式会社

サンマリエ株式会社

サンマリエ株式会社

株式会社ニッセン

株式会社ニッセン

株式会社ベネッセコーポレーション

株式会社ベネッセコーポレーション

導入事例

ランディングページ評価 :

Case1. 証券会社の新規口座開設キャンペーンページ
抱える課題 初心者向けの口座開設キャンペーンを行っているが、予定通りの成果があがらない為、要因を特定て改善したい。
評価手法 同様のキャンペーンを行う競合サイト4社(自社サイト含む)で、ページの使いやすさやコンテンツの満足度、どのような説明に対して関心を持つかを評価。さらに情報の閲覧範囲に関して、リモートでのアイトラッキング評価を行った。
評価モニター 投資にあまり関心がない男性(40代) 計40名
評価レポート ・ ユーザビリティ評価項目 約50個 × 4サイト
・ ユーザビリティ競合比較分析
・ 課題項目抽出 29項目(重要度含む)
・ 改善施策 14プラン
費用対効果 投資費用
・ ランディングページ評価費用 40万円(競合比較・オプション含む)
成果費用
・ 口座開設申込数が2.9倍に大幅に向上(獲得単価 約3分の1)
・ 目標申込数達成までの広告費用が、800万円程度の大幅削減

Case2.クレジットカード申込みキャンペーンページ(入力フォーム分析含む)
抱える課題 サービスの特性で、申込みを行うプロセスがどうしても複雑になり、途中で離脱するユーザーが多い。極力使い易くする事で、離脱率を低下させたい。
評価手法 キャンペーンページの使いやすさやコンテンツの満足度、どのような説明に対して関心を持つかを評価。さらクレジットカード申込みプロセスのユーザーテストを詳細に観察・分析を行い入力時のストレスや課題点を調査した。
評価モニター ネットの熟練度が、低いモニター及び高いモニター(年代指定なし) 計50名
評価レポート ・ ユーザビリティ評価項目 約50個 × 4サイト
・ ユエントリーフォーム評価
・ 課題項目抽出 53項目(重要度含む)
・ 改善施策 21プラン
費用対効果 投資費用
・ランディングページ評価費用 50万円(入力フォーム分析・オプション含む)
成果費用
・クレジットカード申込数が1.7倍に向上(獲得単価 約2分の1)
・入力途中のページ離脱率が、半分以下となり大幅に減少した

競合サイト比較評価 :

Case3.大手家電メーカーのコーポレートサイト
抱える課題 自社サイトが利用されている状況の確認や、自社ブランドイメージやコーポレートメッセージが一般消費者に正しく訴求出来ているか評価したい。
評価手法 同じ業界のコーポレートブランドイメージをうまく伝えられているとされている、サイトと比較してユーザーがどのようなイメージ・満足度を持つか比較評価。
評価モニター メーカーに従事していない一般男性・女性(20代~50代) 計100名
評価レポート内容 ・ ユーザビリティ評価項目 約60個 × 10サイト
・ ユーザビリティ競合比較分析(サイト・年代別)
費用対効果 投資費用
評価費用 80万円(競合比較・オプション含む)
成果費用
一般ユーザーへのコーポレートブランドの訴求率や業界内における自社サイトのポジショニング、優位項目・劣っている項目が明確となった。評価の低い項目を改善した結果、
コーポレートブランドの訴求率が1.6倍に向上

Case4.ファッション通販サイト
抱える課題 最近公開した自社のECサイトに、ユーザビリティの問題がないか、どれくらい満足されているのか簡単に評価したい。
評価手法 特定の商品をサイトから見つけ、購入するまでの主導線を評価。
評価モニター ファッションに興味のある男性・女性(20代・30代) 計20名
評価レポート内容 ・ ユーザビリティ評価項目 約40個 × 1サイトを判定
費用対効果 投資費用
評価費用 15万円(オプション含む)
成果費用
自社サイトの現状を数値により、わかりやすく素早く評価・認識できた。

クリエイティブ評価 :

Case5.証券会社 株取引アプリ
抱える課題 競争が激しい業界の中、初心者から上級者までもっとも使いやすくわかりやすい、株取引アプリを短期間でリリースしたい。
評価手法 画面設計段階からベータ版リリースまでの段階的に複数回ユーザーテスト(エキスパートレビュー)を行い大きな修正作業が極力発生しないように、都度課題点をもれなく抽出する。株取引の初心者・上級者からの満足度も向上させるため、エキスパートレビューを対象モニターと一緒に行う。
評価モニター ユーザビリティアナリスト 計1名 株取引の熟練度が、低いモニター及び高いモニター(年代指定なし) 計4名
評価レポート内容 ・ 画面別ユーザビリティ評価 課題リスト × 3回
・ タスク別ユーザビリティ評価 課題リスト  × 3回
・ アイトラッキング評価 × 1回
費用対効果 投資費用
評価費用 計115万円
成果費用
想定するユーザビリティ評価レベルまでの開発期間が2ヶ月程度短縮。 人件費ベースで計算すると、約600万円程度の大幅削減
Case6.中古車情報検索サイト
抱える課題 競合するサイトが多い中、中古車検索方法をもっと使いやすくわかりやすく差別化する事で、サイトの利用率を上げたい。
評価手法 検索機能と検索結果として掲載される情報を集中的に、ターゲットユーザーの視点にたったユーザーテスト(エキスパートレビュー)を行い、課題点をもれなく抽出する。
評価モニター ユーザビリティアナリスト 計1名
評価レポート内容 ・ 画面別ユーザビリティ評価 課題リスト
・ タスク別ユーザビリティ評価 課題リスト
・ 重要課題点及び改善手法 18プラン
費用対効果 投資費用
評価費用 35万円
成果費用
ユーザーの検索利用回数が3.2倍と大幅に向上。結果として、問い合わせ件数が2.1倍と大幅に向上

ユーザビリティ総合評価 :

Case7. 総合通販サイト
抱える課題 ネット上でさらに効率良く売上げを確保していく為の施策を調査したい。
評価手法 競合する業界の上位4社を比較対象として、自社サイトのポジショニング、イメージ、掲載情報や機能の魅力、購入プロセス等のユーザビリティを総合的かつ詳細に評価すると共に、より多くの課題点を抽出し、的確な改善手法を導き出す。
評価モニター 対象商品に興味がある女性(20代~50代) 計120名
評価結果 ・ ユーザビリティ評価項目 約50個 × 4サイト
・ ユーザビリティ競合比較分析
・ 画面別ユーザビリティ評価 課題リスト
・ タスク別ユーザビリティ評価 課題リスト
・ アイトラッキング評価
・ ニューロマーケティング評価
・ 課題項目抽出 140項目(重要度含む)
・ 改善施策 48プラン
費用対効果 投資費用
評価費用 190万円(競合比較・オプション含む)
成果費用
改善前3ヶ月間の平均売上金額と比較し、約1.3倍の向上(数億円規模の売上げ向上)。顧客満足度結果が22点アップと大幅向上(100点満点)。
Case8.大手チケット販売サイト(スマートフォン)
抱える課題 ネット上で簡単にチケット予約できる仕組みがあるにも関わらず利用率が低い。何が問題かを調査したい。
評価手法 実際にチケットを予約する環境(自宅・外出時・移動時等)から、検索サイト等で、予約サイトを見つけてもらい、予約が完了するまでの一連の利用状況を評価。
評価モニター ネットの熟練度が、低いモニター及び高いモニター(年代指定なし) 計20名
評価結果 ・ ユーザビリティ評価項目 約50個 × 4サイト
・ 画面別ユーザビリティ評価 課題リスト
・ タスク別ユーザビリティ評価 課題リスト
・ 利用環境別ユーザビリティ評価 課題リスト
・ 検索キーワード別ユーザビリティ評価 課題リスト
・ アイトラッキング評価
・ 課題項目抽出 110項目(重要度含む)
・ 改善施策 28プラン
費用対効果 投資費用
評価費用 120万円(オプション含む)
成果費用